修復歴車を選んではいけない理由

中古車販売店を見に行くと車のボンネットやガラスなどに車両情報が記載されていると思います。ここに修復歴車とかかれている車は大概、同じ車種であっても安い価格で販売されているのを見かけたことがありませんか?

 

修復歴車は安いのでお得な買い物と見る人もいますが、修復歴=事故車であります。

 

事故、修理の状態によっては車の強度に関係する部分に影響を与えている可能性がある車両でもあるのです。修復歴車として第一に選ばないようにしたいのが車の骨格部分にダメージを受けてしまった車両です。

車の骨格は走行、強度に影響を与える

現在の修理技術はかなり進歩しており一見して事故車かどうか、わからない面もあります。しかし、査定表には事故歴や修理箇所なども基本であれば記入してあるはずなのでまずは車の状態をチェックするつもりで査定表などを見せてもらうようにしましょう。

 

そして車の骨格部分にあたるフレームなどを修理している場合はよくありません。
事故による衝撃は私たちの想像以上です。見た目では大丈夫でも確実にダメージを受けています。購入した最初は良くても長く乗ってくると変形をきたしたりして走行が不安定になります。

 

また強度の面でもフレーム等が変形していると新車と比べればかなり落ちると考えるのが妥当です。

 

大きな事故の場合、変形した車を新車のような状態に戻すことはまず不可能です。買取店でもそこまで修理費用を出すくらいなら状態の良い車を購入して販売した方が利益も手間も大きくなるはずです。

 

ですから修復歴車は修理をしてあっても元の状態に復元されている状態とは程遠いくらいの感覚で見た方が良いと思います。

 

安くて良いのはわかりますが、コーナーリングでガタツキなどを生じるケースもありますし、車体の重心もズレてしまうとタイヤの減りが早かったり、ブレーキパッドの減りも早かったりとあまり良いことがありません。

 

このように修復歴のある車は後からトラブルが多く起こる可能性があるので人気もありませんし、悪質な販売店になれば修復歴を隠そうとします。これを見抜くためにも査定表であったり状態図などはしっかりと見せてもらうようにしましょう。

 

以前の車の情報を隠す販売店であれば疑ってかかってそのお店では購入しないことを強くお勧めします。